カットしてもらっている間の目のやり場に困る

私の場合、鏡に映っているうしろの様子をみたり、切られた自分の髪の毛を見たり、横の人を見たりして美容師さんから目をそらします。表参道 美容室趣味が合えば美容師さんと話しますね。たぶん美容師さんも目のやり場にこまっていると思うので、話してみてはどうでしょう私は美容師さんと話をするのが苦痛なのでズット雑誌を見ています。たま~に話すくらいです。だいたい寝てます…後は携帯をいじるか。人見知りなのであまり会話はしたくないです^^;ってか、話しても大体同じ話だし。この前も同じ話したよーとか思うし、だいたいにして内容がない話ばっかりでつまらない…散髪してもらっている最中の美容師とのコミュニケーションである。たとえば鏡に映っている自分を見ていると、たまに美容師と目線がぶつかって、思わず逸らしてしまう。雑誌などがあると「目のやり場」に困らない。ブローしてもらっている時も、目をつぶったり、下を向いたり、自分の顔をみたりで、美容師を見つめるという事は滅多にしないのではないだろうか?逆に、ずっと美容師をみつめていたら、「この客変わっているな」と思われてしまう。 この「変わっている」という意味は、「普通の人なら儀礼的無関心をするところを、その秩序を壊すような行為に至る」ということを指している。